タミフルは喘息の方は使用できない空気清浄機で予防

タミフルは抗インフルエンザ薬として日本では特に利用が多い薬です。タミフルは主にインフルエンザのAやBといった型のウイルス増加を防ぐ働きがあります。ウイルス増加は特に発症してから48時間以内が多くなりますのでタミフルについても48時間以内、できる限り早く飲むことが推奨されています。ただし、タミフルは一部の持病を持つ方には処方されません。持病としては気管支喘息や腎臓病、肺に疾患を持つ方です。特に気管支喘息をもっている方にはタミフルは悪影響を及ぼすことが分かっており危険です。そのため、気管支喘息などの持病を持っている方はインフルエンザの流行期の前から空気清浄機などで予防をすることが重要です。インフルエンザウイルスは飛沫感染ですので空気中を漂います。そのため空気清浄機がとても効果的と言われています。ただし、空気清浄機の中には除湿効果が高いものがあります。空気は除湿すると軽くなりますのでウイルスが飛び回ることになります。そのため、空気清浄機を利用する際は加湿機能を持つタイプもしくは除湿効果が少ない機種を利用すると良いです。冬場にインフルエンザウイルスの流行がある理由として空気が乾燥していることも言われてます。また、日頃から体調には気をつけることももちろん大事です。インフルエンザは潜伏期が数日ありますが、比較的すぐに発症するので危ないと思われる人がいたら近寄らない、また、ウガイ、手洗いを徹底することで体内にウイルスを入れないようにしたいものです。自分が発症した際にはマスクを着用して他に感染者を増やさないようにすることも大事です。インフルエンザは型が違えば抗体が役に立ちませんので一度かかっても他の型に掛かる可能性も高いのでウガイ、手洗いは重要です