タミフルの情報などをPDFで入手し顔の乾燥にも注意

毎年流行するインフルエンザについては、対策方法やグッズ、流行地域や感染者数などの情報が各自治体等からもPDFで見たりすることが出来ます。タミフルなどの治療薬も処方された時にはどんなものかと調べてみると、PDFで閲覧可能な文書になっていて入手が可能になっています。使い方も詳しく解説があるので、処方時の説明と合わせて見てみると分かりやすいです。幾つかこうした情報も集めておくと、見たいと思った時に見ることができるのでPDFも便利だと思えるでしょう。

さてそんな中で、インフルエンザは冬の乾燥した時期に毎年流行しています。大体どれぐらいの湿度でウイルスが活発になり出すのかと言うと、それは40%を切り出した頃からです。30%ぐらいになれば相当ウイルスも活発化していると思っていいでしょう。けれども実際に数値で言われても、湿度は見ないと分からないという意見も多いです。体感で言うと、顔の乾燥を感じるぐらいになると20~30%近くまで湿度は下がってきています。冬場は暖房なども使っていくと、加湿器がなかったらあっという間に湿度は低下してしまって、インフルエンザが活動しやすい環境になってしまいます。その為、人混みの多いところを避けたりするのも推奨されるのです。

感染してしまったら、タミフルなどの治療薬を使う事もあります。感染していなくても予防で使おうと検討している人もいるかもしれません。タミフルも予防に使えますが、その時は処方を医師と相談しましょう。手洗いやうがいなどをして予防をすると同時に、温室時計がなくても顔や肌が乾燥していると思ったら濡れタオルを用意したり、窓を開けて換気をするなどして空気の入れ替えや湿度も上げていきましょう。